So-net無料ブログ作成
検索選択

仲間由紀恵と田中哲司の出会いは? [結婚]

皆様、こんにちは!芸能オタクnatsuです。


女優の仲間由紀恵さんがドラマで共演した田中哲司さんとの結婚を発表されましたね!


[スポンサーリンク]





びっくりしました!昨日、仲間由紀恵さんの記事を書いたばっかりだったので。。お二人はドラマの共演がきっかけで交際に発展し、結婚にいたったそうです。


そこで今日は昨日の記事を少し変更して、田中哲司さんと仲間由紀恵さんとの結婚までの歩みや、紅白の司会者予想、仲間由紀恵さんの美容の秘訣について書いていきたいと思います!




まずは仲間由紀恵さん、田中哲司さんの二人のプロフィールを見ていきましょう。

結婚を決めた仲間由紀恵さんは1979年10月30日生まれです。


仲間由紀恵.jpg



出身は沖縄県で、特技は琉球舞踊です。技能は師範代レベルだとか。沖縄出身であの美肌はうらやましい限りですね。後ほど、仲間由紀恵さんの美容の秘訣についても見ていきましょう。


仲間由紀恵さんは5人兄弟の末っ子です。持っている免許は普通自動車免許、スキューバダイビングと2級小型船舶操縦士の資格だそうです。



仲間由紀恵さんは、1993年に、歌手の工藤静香さんに憧れ、地元のタレント養成学校「沖縄タレントアカデミー」に入学しました。そして1994年に 沖縄テレビ放送『青い夏』の一般公募オーディションでグランプリに輝き、ドラマデビューを果たします。

このドラマがきっかけとなり、プロデューサーからプロダクション尾木を紹介され、その事務所が憧れの工藤静香さんの所属事務所だったこともあり、状況を決意したそうです。なんとも不思議な縁ですね。
仲間由紀恵さんの名前が一躍有名となったのはドラマ『トリック』でした。このドラマはシリーズ化されたり、映画化、スペシャルドラマ化されるなど、大ヒットしました。


また仲間由紀恵さんの代表作『ごくせん』も大ヒットドラマとなります。わたしもこのドラマは見ていましたが、あのヤンクミの啖呵のきりぐあい(?)がすごくスカッとしたのを覚えてます。仲間由紀恵さんのはまり役でした。こちらのドラマもシリーズ化され、映画化もされました。第二シリーズの最終回は視聴率が32%を超えるなど、歴史に残るドラマとなりました。


大河ドラマにも出演しています。『功名が辻』にて主役を務めました。今年は『花子とアン』での活躍が記憶に新しいですね。



では次に結婚相手の田中哲司さんについて見ていきましょう。


田中哲司.jpg



田中哲司さんは1966年2月18日生まれです。今年で48歳ですから、仲間由紀恵さんとは結構年が離れていますね。出身は三重県鈴鹿市です。



田中哲司さんは音響系の専門学校に通うために上京したそうですが、アルバイト仲間の大学生が楽しそうであったため大学進学を決意したそうです。当時は小林薫に憧れて演劇を志したといいます。日本大学藝術学部演劇学科を卒業しています。


現在でも名脇役としてたくさんのドラマや、舞台、映画に出演しています。

仲間由紀恵さんと田中哲司さんの出会いから結婚まではどんな歩みだったのでしょうか?


二人の出会いは、2003年の仲間由紀恵さん主演のフジテレビ系連続ドラマ「顔」がきっかけだったと言われています。当時は、いち共演者の間柄でしたが、その4年後にまた二人は再会します。仲間由紀恵さん主演の「ジョシデカ! 女子刑事」というドラマでした。こちらのドラマでは田中哲司さんは仲間由紀恵さん扮する新米刑事に捜査協力する警視庁の管理官を演じていました。


この撮影現場で仲間由紀恵さんと田中哲司さんは一気に親しくなったそうです。その後は都内のレストランなどで友人として話をしていくうちにお互いが惹かれあうようになったそうなのです。
そこから交際に発展していきました。


2009年にはスポーツ紙に仲間由紀恵さん、田中哲司さんの真剣交際がスクープされました。もともと仲間由紀恵さんは熱愛関連の記事がほとんど出ない女優さんとして有名でしたので、こちらの記事にはびっくりした方も多かったと思います。


真剣交際が報じられて、順調かと思われた田中哲司さんと仲間由紀恵さんでしたが、別の写真週刊誌に田中哲司さんの浮気現場が載ったことがあり、これで二人は別れたものと思われていました。


事務所に別れさせられた仲間由紀恵さんが激太りしたという話もあったくらいなので、仲間由紀恵さんにとっては、田中哲司さんは本当に大切な人だったのでしょう。


その後はとくにスクープされることもなく、静かに愛をはぐくんでいたのですね。今回の結婚には誰もがびっくりしたのではないでしょうか。



仲間由紀恵さんは、熱愛報道の少ない女優さんとして有名でしたが、過去には何度か噂になった人がいます。


まずは、EXILEのAKIRAさんです。
AKIRAさんは1981年8月23日 生まれです。言わずと知れたEXILEのパフォーマーです。出身は神奈川県横浜市生まれで、静岡県磐田市で育ちました。

仲間由紀恵さんとAKIRAさんの噂のきっかけとなったのが、二人が共演した『ハニートラップ』というドラマでした。このドラマであまりにも二人の夫婦役がはまっているというので噂になりました。しかし、写真が撮られたわけではなく、信ぴょう性は?という感じでした。


次に噂となったのが、俳優の西島秀俊さんでした。西島さんともドラマ共演がきっかけで交際の噂がたちました。二人が都内のレストランで目撃されたなど、情報はいくつか出てきたようでしたが、こちらも信ぴょう性には欠けるものでした。


こう見てみると、唯一の仲間由紀恵さんの交際報道の相手が田中哲司さんだったのですね。二人は破局したと思われていたようですが、結婚という選択をされたのですね。


以前に仲間由紀恵さんがテレビ番組でとにかく「白い服」を着るのが大好きだと言っていたのを思い出しました。白い色が好きな人にはピュアな人が多いと言われています。

カラーセラピーと言うのもあるくらいなので、色にはそれぞれ固有の意味があるのです。参考までに色の持つパワーについて書いておきますね。


[スポンサーリンク]





●赤

情熱やバイタリティがほしいときに用いるといい色です。生命力や活力アップにも繋がります。富や豊かさの象徴の色とも言われるので、豊かになりたい人にもおすすめの色です。
働いて衣食住をしっかりと成り立たせるという力も湧きます。


●橙色

感受性や、ホルモンバランスを整えたいときに。夫婦関係や人間関係、また性的な魅力を高めたいときにもおすすめの色です。相手の立場を尊重して、人間関係を円滑にするという効果もあります。

●黄色

元気がほしいときに。個性を発揮したいときや、怒り、ストレスなどの緩和にも役立ちます。自分をコントロールして人生を思い通りに切り開きたいときにも役立ちます。行動力をつかさどるので、考えてばっかりでなかなか前にすすめないときなどにお勧めです。



●緑色

愛や、希望、博愛などを象徴する色です。他人や自分に対して思いやりをもって接したり、人に好かれるようになるなどという効果もあります。自然の木々の緑を見ると心地いいように、緑はわたしたちを癒してくれるパワーを持っています。


●青色

コミュ二ケーションをつかさどる色です。自己表現力を高めたいとき、コミュニケーションを円滑にしたいときなどに役に立ちます。強い意志を持ちたいときにもお勧めです。


自分がこうなりたい、という思いをサポートしてくれる色を洋服や小物などに取り入れみるといいことが起こるかもです。参考にしてみてくださいね。


●藍色


直感力や、精神の力を高めたいときに役立ちます。感覚を研ぎ澄ましたいとき、知恵を得たいときにも有効だと言われています。




そんなピュアな仲間由紀恵さんが選んだ結婚のお相手、田中哲司さん。きっと二人とも演技に対して真摯に向き合うところで話があったのでしょうね。お幸せになっていただきたいですね。



結婚の決まった仲間由紀恵さんですが、今年の紅白の司会者にの候補にあがっているそうです。仲間由紀恵さんサイドは、やる気があると伝えていて、『花子とアン』で共演した吉高由里子さんとの共演も視野にいれているそうです。もし司会に決まれば結婚とあわせておめでたいことが続きますね。

男性の司会者は嵐が有力とのことで、こちらも楽しみですね。

ここでこれまでの歴代紅白司会者を調べてみました。



64回(2013年) 綾瀬はるか 嵐
63回(2012年) 堀北真希 嵐
62回(2011年) 井上真央 嵐
61回(2010年) 松下奈緒 嵐
60回(2009年) 仲間由紀恵 中居正広
59回(2008年) 仲間由紀恵 中居正広
58回(2007年) 中居正広 笑福亭鶴瓶
57回(2006年) 仲間由紀恵 中居正広
56回(2005年) みのもんた 山根基世 仲間由紀恵 山本耕史
55回(2004年) 小野文恵 阿部渉 紅
54回(2003年) 有働由美子 膳場貴子 阿部渉高山哲哉
53回(2002年) 有働由美子 阿部渉
52回(2001年) 有働由美子 阿部渉 白
51回(2000年) 久保純子 和泉元彌 紅



これを見ると、仲間由紀恵さんは過去に4回も司会をしているようです。今回決まれば5回目ということで、女性では最多になるのでしょうか。仲間由紀恵さんの司会進行ぶりはとても安心して見ていられた記憶があります。たち振る舞いもきれいですし、進行の仕方もとてもスムーズでした。



男性では嵐と中居正広さんが4回司会をやっています。今年はまた嵐の予想ですが、どうなるのでしょうか?


お相手の田中哲司さんも年末年始を一緒に過ごせないのは寂しいかもしれないですが、仲間由紀恵さんの活躍は嬉しいでしょうね。



では最後に、結婚も決まってますますきれいになりそうな、仲間由紀恵さんの美の秘訣について過去のインタビューなどから見ていきたいと思います。


●ヘアケア


仲間由紀恵さんといえば、美しい髪がとても印象的です。資生堂のtsubakiのCMでもきれいな黒髪が印象的でした。少しまえのアンケートですが、2005年にあの、ラックスを販売しているユニリーバ・ジャパンが、全国600人の男女(16 - 39歳)を対象に実施した「髪が美しいと思う日本の有名人」のアンケートで1位に選ばれています。

またパナソニックの「きれいなおねえさん」シリーズのCMでは、黒髪がたなびく映像をCG処理などを使用せず、そのまま撮影したのだそうです。


最近では連続テレビ小説『花子とアン』においても、かつらを用いる出演者が多い中で仲間由紀恵さんは長髪をいかして地毛をそのまま結っていたそうです。髪がきれいだからこそできる技ですね。


ヘアケアにおいてはマイナスイオンのでるドライヤーを愛用しているそうです。ドライヤーは毎日使っているとどうしても髪が傷みます。最近ではマイナスイオンの入っていないほうが珍しいくらい、マイナスイオンドライヤーは当たり前になってきています。

美しい髪にはやはりそれ相応のケアが必要なのですね。


●スキンケア

仲間由紀恵さんは朝、ダブルでパックをするようです。まずは、泥パックで汚れを落として、そのあとに保湿パックをするそうです。ふつうは朝そんな時間がないという人が多いかもしれないですが、朝からお肌に栄養をあげることで、その日一日テレビ映りや、カメラ写りが良くなりそうですね。


保湿をすると、肌のターンオーバーのサイクルも順調になり、老廃物もちゃんと排泄されるので、結果くすみのない、きれいな肌の状態を保てるというわけです。これから冬にもなりますし、保湿をわたしもこころがけたいと思います。



●運動


仲間由紀恵さんは体づくりのためにも、運動も結構しているようです


まずは、ジムに通い、体幹を鍛えるトレーニングを続けていて、週1~2回、1時間くらいマンツーマンでじっくりコーチから指導を受けるそう。長いドラマ撮影のときなどはとくに健康面も考えていく必要があります。体力づくりのためにも、ジムに通う有名人の方は多いですね。


そして、仲間由紀恵さんは乗馬クラブにも通ってるそうです。1回あたり3時間乗るそうです。馬に乗ると普段使わない筋肉が鍛えられ、背筋が伸びるからいいのだとか。

姿勢がいいと、血流もよくなるし、内臓も圧迫されないので、消化吸収が促進されたり、肩こりや腰痛を改善したりと、いいことがたくさんです。ましてや仲間由紀恵さんのように、司会をしたり、舞台に立ったり、役を演じるときに、姿勢がいいというのはすごく大切です。確かに仲間由紀恵さんはたち振る舞いがきれいですよね。



琉球舞踊の師範代の腕前ももっていそうなので、自然と小さいころからたち振る舞いの美しさを意識してきたのかもしれないです。


こうしてみると、仲間由紀恵さんの美も一日にしてならずというかんじです。きれいな人は努力しているのですね。結婚したらますます美に磨きがかかりそうです。


さて、今日は仲間由紀恵さんと、ドラマ共演から実現した田中哲司さんとの結婚の話題について見てきました。噂のあった人たちとは、ただのお友達だったようですね。お芝居がお好きな二人ですから結婚後もお仕事を続けて行かれるのでしょう。


『花子とアン』がちょうど終わって仲間由紀恵さんにとっても今が発表のベストなタイミングだったのかもしれません。お二人の今後の活躍に期待したいですね。



今日は「仲間由紀恵、田中哲司と結婚!ドラマ共演からの歩みとは?」というテーマでお送りしました。今日もご覧いただきありがとうございました!


またお会いしましょう~。


[スポンサーリンク]






この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。